2018年春季第50回からの実施要項変更のお知らせ

HOME > 検定試験について > 2018年春季第50回からの実施要項変更のお知らせ

2018年春季第50回ハン検からの実施要項変更のお知らせ


 「ハングル」能力検定試験は1993年の第1回の実施から、来年2018年で50回目を迎えます。
当協会は、過去48回の試験実施経験を踏まえ、受験者の皆さまの様々な要求に対応すべく、2018年春季第50回検定試験から、従来の「各級レベルの目安と合格ライン」はそのままに、より受験しやすい試験となるよう、試験実施方法と一部問題形式を見直すことといたしました。
 変更点は大きく以下の2点です。

①各級の筆記問題数と所要時間の変更について 印刷用PDF
聞きとり試験から開始し、休憩時間はなくなります。
変更案内
②実施時間の変更について 印刷用PDF
変更後は聞きとり試験から開始され、聞きとり、筆記試験のあいだの休憩がなくなるので、
実施時間が短くなります。
変更案内
※集合時間は試験開始20分前です。公共交通機関の遅延なども含め、
理由のいかんにかかわらず試験開始後の入室は認められません。
※実施要項変更に伴い、新しい形式の問題が導入されます。 印刷用PDF
1.新形式採用箇所について
変更案内
※初中級(準2~5級)の聞きとり大問は1~5(全20問)、
 筆記大問は1~12(全40問)となります。

上記の新形式採用の他、一部大問順序の変更や問題数の調整を行いました。
基本の問題パターン、流れは従来と変わりませんので、現在出版されている
「過去問題集」などは、今まで通り試験対策にご活用いただけます。
従来の問題形式につきましては、協会公式ホームページに掲載している
【試験問題サンプル】も併せてご確認ください。

2.サンプル問題
※【音声】の箇所は、実際の試験では活字表示されず音声が流れます。
変更案内

変更案内

 2018年春季第50回ハン検からの実施要項変更後も、「各級レベルの目安と合格ライン」に変更はありません。そのため現在出版されている「合格トウミ」「公式テキスト ペウギ」「過去問題集」などは、今まで通り試験対策にご活用いただけます。
 学習者の皆さまにおかれましては、より円滑な検定実施のため、ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年 8月吉日
特定非営利活動法人 ハングル能力検定協会